老後破産と夫のお給料

おはようございます^^

きのう、あるブログを見ていたら
「老後破産」という言葉を見かけました。

 

老後破産とは、年金などの支給よりも低い水準で
生活を余技されるような状態だそうです。

 

つまり、長く生きれば生きるほど、
生活が苦しくなり、食べることすらままならない経済状況に
追い込まれる・・というわけでしょうね。

 

これって、私たちは貯金もあるし、
退職金も1000万は貰えるから大丈夫!!

なんて思っていても、危ないらしいのです。

 

その原因として、定年を迎えたあとでも
住宅ローンが残っていたり、
子供の借金を払わないといけなくなった場合などです。

 

私の夫は、いま働いてる会社で定年を迎え、
一度退職して、また再雇用されるというちょっと変わった
契約をして働いています。

 

アルバイト・・みたいな感じですかね(笑)

長年働いてくれたから、お情けで雇ってあげるよ~!
というような感じなんでしょう。

 

働く時間は週に3日~4日。
ただし、お給料は定年前に比べると半分以下です。

 

幸いにも私たちはローンはありませんが、
アパート暮らしのため、持ち家の方に比べると
出費は多いと思います。

 

それに加えて、
息子夫婦がいずれは家を建てたい!
と言い出すのは間違いないでしょうし。

私たちを当てにしないでね!と心の中では思ってます。

 

消費税が10%に引き上げられるのも、
時間の問題ですしね。

年金だって引き下げられる可能性があるわけですし。

私や夫が病気で寝たきりになるかも・・

 

そう考えると、日本って豊かな国と言われていますが、
10年後なんてどうなってるか分からないものです。

安部さん、安心して暮らせる老後をお願いします。

応援クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

スポンサーリンク

2件のコメント

  • のびた

    確かに年金は少しづつ減額されて来ます
    それに加えて物価は上昇します
    介護保険などはアップ 先行きは少し暗くなりそうです
    健康だけが財産です
    そして今を大切に明るく生きましょう

    • たけこ

      のびたさん、コメントありがとうございます^^
      消費税だけどんどん上がって、
      所得が上がらないのを実感しますよね。
      ほんと健康だけが財産です^^

コメントを残す